ロレ速【腕時計ブログ】

ロレックスを中心に腕時計に関する話題をまとめています。 時計好き集まれ!!

    ロレックスなどの腕時計についての話題をまとめています。

    アップルウォッチ

    shopping_brand_goods

    1: 風吹けば名無し 2020/03/19(木) 19:33:27.62 ID:YCo5gu6V0
    いやどないせっちゅうねん

    【時計だけ豪華→時計だけ高くても… 靴だけ豪華→靴だけ高くても… 全身ハイブランド→だっさ…】の続きを読む

    スクリーンショット 2020-02-23 0.00.48

    1: シャチ ★ 2020/02/18(火) 13:41:28.57 ID:6/wxwNuo9
    ニューヨーク(CNN Business) 米アップルが販売している腕時計型端末「アップルウォッチ」の販売数が2019年、スイスの時計ブランドが販売した時計の合計数を上回ったことがわかった。スイスの時計産業の苦境を示唆しているとの見方がある一方で、品質を認められたスイス時計の売上高はアップルウォッチよりも多いとの指摘も出ている。

    コンサルティング会社ストラテジー・アナリティクスによれば、2019年に販売されたアップルウォッチは3100万点。スイスの時計ブランドの合計数は2100万点だった。

    ストラテジー・アナリティクスのシニアアナリスト、スティーブン・ウォルツァー氏は、アップルウォッチについて、ステータスシンボルになっており、中級のスイス時計に対して競争力のある代替品となっているとの見方を示す。「アップルには大規模な顧客基盤があり、iPhone利用者の一部がアップルウォッチに流れるだけで何百万という売り上げを生み出す」と指摘する。

    アップルウォッチは健康状態を追跡したり、映画館やジムに素早くチェックインできるアプリと連携したりするなど、若年層に受けがいい。アナログ時計が人気があるのは、より高齢の人たちだ。

    調査会社クリエーティブ・ストラテジーズのテックアナリスト、キャロライン・ミラネシ氏は、アップルが健康やフィットネスを強調することで、宝石やアクセサリーのように販売されるスイス時計と差別化を図ったとの見方を示す。

    それでも、スイス時計の高級ブランドとしての立場が終焉(しゅうえん)を迎えることはなさそうだ。調査会社カナリスの調査アナリスト、ビンセント・シルク氏は、販売された個数だけでは全体像は描けないと指摘する。

    シルク氏によれば、スイス時計は平均してアップルウォッチよりも約2倍の価格だという。金額に直すと1000ドル対500ドルだ。また、アップルウォッチはテクノロジーのアップグレードや電池寿命の引き上げのためスイス時計よりも買い替えなければならない頻度が高い可能性があり、このことが販売数を押し上げている可能性もあるという。

    シルク氏は、若い顧客やガジェット好きなど、スイス時計を一度も購入したことのない新しい客層を引き付けている可能性もあると付け加えた。


    2/18(火) 13:33配信CNN.co.jp
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200218-35149550-cnn-int

    【【腕時計】アップルウォッチ、スイス時計の販売数を上回る】の続きを読む

    MTPL2_VW_34FR+watch-44-alum-spacegray-nc-5s_VW_34FR_WF_CO_GEO_JP

    1: ムヒタ ★ 2020/02/06(木) 13:35:40.79 ID:CAP_USER
    スイスといえば時計産業の中心地で、ロレックスやオメガ、ウブロ、タグ・ホイヤーなどの高級時計ブランドだけでなく、スウォッチのようなリーズナブルな時計ブランドもスイスの時計ブランドです。しかし、2019年のスイス時計業界全体の販売台数が、Apple Watchの販売台数を下回っていたと報じられています。

    Apple Watchはスマートウォッチ市場で圧倒的なシェアを誇っており、調査企業によると2019年の時点で市場の約半数を占めていることが明らかになっています。また、Appleの2020年度第1四半期(2019年10~12月)の業績発表によると、Apple Watchを含む「ウェアラブル・HomeKit・アクセサリ」部門の売上高は、四半期ごとの売上としては初の100億ドル(約1兆1000億円)を突破しており、その原動力となったのはApple WatchとAirPodsです。

    AppleはApple Watchの販売台数を明らかにしていませんが、市場調査企業のStrategy Analyticsが推定出荷台数を出しており、2018年の2250万台から2019年は3070万台まで増加したと報告しています。Apple Watchの推定出荷台数は前年比で36%増となっています。

    Strategy Analyticsのエグゼクティブディレクターであるニール・モーストン氏は、「スイスの時計業界全体が2019年に出荷した時計の台数は2110万台で、2018年の2420万台から13%減少したと推定しています」と語り、Apple Watchの出荷台数がアナログ式のスイス腕時計の出荷台数を上回ったとしています。

    ただし、Apple関連メディアのAppleInsiderは「Strategy Analyticsの公開したデータの正確性は明らかではありません。AppleはApple Watchの販売台数を1年以上公表しておらず、このカテゴリは大きなビジネスの中に組み込まれています」と指摘。しかし、「スイスの時計業界とApple Watchを隔てるマージンは小さくない」とも付け加えており、スイスの時計業界とApple Watchの出荷台数に大きな差はないことは明らかであるとしています。
    2020年02月06日 13時00分
    https://gigazine.net/news/20200206-apple-watch-overtake-swiss-industry/

    【【時計】2019年のApple Watch販売台数がスイスの時計業界全体を上回る】の続きを読む

    このページのトップヘ