ロレ速【腕時計ブログ】

ロレックスを中心に腕時計に関する話題をまとめています。 時計好き集まれ!!

    ロレックスなどの腕時計についての話題をまとめています。

    シチズン

    スクリーンショット 2024-03-28 11.21.11

    1: 名無しさん@涙目です。(東京都) [ヌコ] 2024/03/28(木) 10:39:18.02 ID:+ByuxVeX0● BE:837857943-PLT(17930)
    sssp://img.5ch.net/ico/u_utyuu.gif
    住宅やオフィスで使う「掛け時計」、アクセサリーの意味合いも持つ「腕時計」など、状況に合わせた幅広いデザインが用意されている時計。
    日本の時計メーカーからも多様なタイプの時計が販売されており、多くの人たちから人気を集めています。
    そこで今回は、国内の代表的な時計メーカーを3つ紹介します。

    ●カシオ計算機
    カシオ計算機は1946年に創業し、電気式計算機の開発・販売を通じて成長したメーカーです。時計事業に本格参入したのは
    1970年代と比較的遅めですが、現在では国内を代表する時計メーカーの一つになっています。
    カシオの時計といえば、「G-SHOCK」が有名ですよね。従来の腕時計は「慎重な取り扱いが必要な精密機器」と考えられていたなかで、
    悪条件でも壊れにくいG-SHOCKを生み出し、腕時計の常識を覆しました。高い耐久性と機能性がカシオの持ち味であり、
    アウトドアシーンでも多くの人に活用されています。

    ●シチズン時計
    シチズン時計は、1918年に設立されたメーカーです。無駄な装飾がない研ぎ澄まされたデザインが特徴で、ビジネスシーンから
    カジュアルシーンまで幅広いシチュエーションで活用されています。そんなシチズンで人気なのは、メンズ・レディースの両方がラインアップされている
    「EXCEED(エクシード)」など。派手すぎずシンプルすぎない美しいデザインは、毎日身につけても飽きないような魅力があります。

    ●セイコーグループ
    セイコーは、1881年に創業した老舗メーカー。国産初の腕時計や世界初のクオーツ式腕時計など、これまでに革新的な時計を数多く
    生み出してきました。中でも、1960年に登場した「グランドセイコー」は、優れた品質と洗練されたデザインによって長年愛され続けています。

    ●最高だと思う日本の時計メーカーは?
    以上、国内を代表する時計メーカーの歴史と特徴を紹介しました。あなたが最高だと思う日本の時計メーカーはどれですか?

    投票先
    https://news.yahoo.co.jp/articles/d57ead50c302a69f0cd79f49f0001ddcb5458fab

    【最高だと思う日本の時計メーカーは? お前らも投票しる!】の続きを読む

    1: お父さん(やわらか銀行) [PL] 2022/10/23(日) 06:54:08.49 ID:Jv1wQLGo0● BE:509689741-2BP(6000)
    sssp://img.5ch.net/ico/1fu.gif
    https://ascii.jp/elem/000/004/109/4109735/

    The CITIZENから藍染和紙文字板採用の高精度光発電エコ・ドライブ搭載ウオッチ
    2022年10月20日 17時30分更新

    シチズン時計は10月20日、高品質ウオッチブランド「The CITIZEN(ザ・シチズン)」から、藍染和紙文字板を採用した世界最高精度という「年差±1秒」のエコ・ドライブムーブメント「Caliber 0100(Cal.0100)」搭載モデル(AQ6110-10L)と、「年差±5秒」の高精度エコ・ドライブムーブメント搭載モデル(AQ4091-56M)の計2モデル発表した。価格はAQ6110-10Lが88万円、AQ4091-56Mが44万円で、11月17日に発売する。

     本モデルは、蓼藍(たであい)という植物の葉を乾燥、発酵させてつくる蒅(すくも)をもとに、木灰汁(もくあく)などを加えて染液を発酵させる日本の伝統技法「天然灰汁発酵建て(てんねんあくはっこうだて)」で染めた土佐和紙文字板が特長。「ジャパンブルー」ともよばれる深みがあり冴えた色合いが美しい藍色に手染めした和紙文字板を、シチズン初の試みとして取り入れている。

    AQ6110-10Lは、年差±1秒のエコ・ドライブムーブメントCal.0100搭載の特定店限定モデル。正面から見たときにぴたりと美しく切分に重なる秒針や高精度を司る「クリスタル(=結晶)」をデザインモチーフとしたケースのラグなど、細部に年差±1秒という卓越した精度を感じさせるデザインを採用。明るい色調が特長の表面硬化技術デュラテクトプラチナを施したスーパーチタニウムケースにLWG(レザーワーキンググループ)認証のワニ革バンドをあわせ、上品で落ち着いた一本に仕上げている。シースルーバックの裏ぶたからは、黒ルテニウムめっきと独自のストライプパターンが施されたCal.0100ムーブメントを眺めることができる。ケース径は37.5mm、厚みは9mm(ともに設計値)。

    腕時計の画像

    腕時計の画像

    【【最高峰クォーツ】ザ・シチズンの時計かっこよすぎワロタwwwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ