ロレ速【腕時計ブログ】

ロレックスを中心に腕時計に関する話題をまとめています。 時計好き集まれ!!

    ロレックスなどの腕時計についての話題をまとめています。

    社会人

    no title

    1: それでも動く名無し 警備員[Lv.9] 2024/06/05(水) 14:47:20.19 ID:ycuI7ZSE0
    @meimei_konkatsu
    アポった男性(30代)がカシオのG-SHOCKだったそうです。G-SHOCKって。20年前じゃないんだから。
    30代になったら普通ロレックスです。一流同士の仕事では、腕時計の「質」も見られます。腕時計の質が低いと、「年収が低い会社なんだな=信用できない」と思われ相手から悪印象を抱かれるわけです。

    【【悲報】女性「30代にもなってG-SHOCKつけてる男は幼稚、普通はロレックス」】の続きを読む

    no title

    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2024/04/16(火) 08:31:38.995 ID:h5XvHLXx0
    さすがにスマホで時間確認してるのは無いわー
    社会人ならね

    【成人で腕時計つけてない人の残念感は異常wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(東京都) [ヌコ] 2023/11/09(木) 06:26:15.55 ID:Xc41h+KK0● BE:837857943-PLT(17930)
    sssp://img.5ch.net/ico/u_utyuu.gif
    ねとらぼ調査隊では、アンケートサイト「ボイスノート」協力のもと、社会人男性を対象に 「コスパが良いと思う時計ブランド」の
    テーマでアンケートを実施しました。プライベートシーンだけでなく、ビジネスでも時計を身に着けることが多い社会人男性。
    多くの社会人男性から「コスパが良い」と思われたのは、どこの時計ブランドだったのでしょうか。それでは、さっそくランキングを見てみましょう!

    第1位:カシオ(CASIO)
    得票率35.0%で第1位に輝いたのは「カシオ(CASIO)」でした。高品質な腕時計を手頃な価格で提供しているブランドです。
    特に「スタンダード」シリーズは、シンプルなデザインから機能性を持ったモデルまで、幅広いラインアップが展開されています。また、
    「チープカシオ(チプカシ)」の愛称で親しまれ、その名の通り手頃な価格帯でありながら、高いデザイン性や機能性が特徴。
    特に若い世代の間で、その気軽に楽しめるデザインや価格が評価されています。時計のデザインは、シンプルからスポーティー、
    高級感のあるものまでさまざま。防水機能やソーラー電池、タイマーといった実用的な機能も搭載されています。

    第2位:セイコー(SEIKO)
    第2位は、得票率27.3%で「セイコー(SEIKO)」でした。1881年に生まれた歴史ある時計ブランドで、「セイコー5スポーツ」や
    「アルピニスト」がコスパが良いモデルとして知られています。どちらも手が届きやすい価格帯でありながら、美しいデザインと高精度の
    技術を兼ね備えています。また、「アルピニスト」はアウトドアシーンでも活躍。機械式自動巻きのアウトドアウォッチとして
    人気を集めているようです。

    第3位:ジーショック(G-SHOCK)
    第4位:シチズン(CITIZEN)
    第5位:オメガ(OMEGA)
    第6位:スウォッチ(Swatch)
    第7位:オリエント(Orient)
    第7位:ロレックス(ROLEX)
    第9位:タグ・ホイヤー(TAG HEUER)
    第9位:フランクミュラー(FRANCK MULLER)

    スクリーンショット 2023-11-11 15.40.52

    https://news.yahoo.co.jp/articles/bd54333a7b565ec796b2fbbf1bb51e8ee60e327e

    【【社会人男性が選ぶ】「コスパが良いと思う時計ブランド」は? 2位は「セイコー」、1位は「カシオ」】の続きを読む

    1: 名無しさん必死だな 2023/10/08(日) 13:22:37.09 ID:1lE6H3OLM
    社会人で男なら腕時計はロレックスをつけなさい
    君ら豚が服装はダサいのは仕方ないが、マナーとして時計だけでもね

    【こどおじ妊豚へ、君らの服装がダサいのは仕方ないが時計は最低ロレックスをつけろ】の続きを読む

    このページのトップヘ